REX KOBEジュニアテニススクール
日々のレッスン中の革新的な内容を一部ブログ形式で公開します。
★所在地:神戸市長田区林山町4−14
(長田神社から北へ800メートル) 
☆TEL078−631−8365
☆FAX078−631−8368
★携帯090−5898−9997
ショットを矯正したい選手、悩んでいる選手はプライベートレッスンいたします!!ご相談ください!!


2012年10月15日

お久しぶりです!!かなりのご無沙汰です。

超、お久しぶりです!!
 新しいビジネスモデル構築の日々、多忙を極めておりました為、更新まで手が行き届きませんでした〜もうやだ〜(悲しい顔)〜やっと、落ち着きそうですので、これから・・・また更新するかも・・ドコモ提供です。
よろしく、お願いします!!

新しい”ネタ”も沢山有ります!!・・ので、また順次、更新してまります手(チョキ)

最近のレッスンでレクチャーしているのが「メンタル タフネス」です!
「メンタルが強い」「弱い」・・・よく議論されたり、試合会場で聴く言葉ですねダッシュ(走り出すさま)
しかし、その本質は・・・?そこが・・大切です。
何年か前に心理学の聴講生として勉強した事を選手達に細かく噛み砕き、レクチャーしました!
選手達は目を輝かせて聞き入ってくれましたわーい(嬉しい顔)

ポイントは・・・勝っている選手を指して「あの選手はメンタルが強い」。。。負けている選手をさして「あの選手はメンタルが弱い」といった事がよく聞こえてきます・・・ふらふら・・・そんなことは現象としては当たり前の事で、それだけでは無いと云う事ですね〜
何故か??・・負けている選手の中にも「メンタル タフネス」を持ち合わせている選手も居ると云う事です。  そんな事や、間違った「メンタル トレーニング」の話や、ある選手の変化や現象も交え、また臨床心理学的に、選手達にレクチャーしました。
今回のレッスンを参考に選手達には・・強い選手へと変化して欲しいものです。グッド(上向き矢印)

また、徐々にアップしていきますので、ご覧下さい!!


 
posted by mori at 03:06| 兵庫 | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

REX KOBE移転のお知らせ

ご無沙汰しております。
この度、長田校REX KOBE テニススクールは神戸市北区有馬町188*23
ミントリゾート内テニスクラブに移転が決定いたしました。

2月7日より有馬校が本校となります。
尚、長田校はかねてより業務提携して参りました、TKCテニススクールに全面業務委託する事になりました。

詳細はフロント又は森までお願いします。

今後とも、よろしくお願いいたします。

posted by mori at 10:53| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

ラケットの進化を考える?!

パンチラケットは進化している手(チョキ)

この15年くらいで、ラッケットは随分進化しました。「素材」「コンセプト」「構造」etc...
なのに、なのに、ですよ・・・教える側はその部分を考慮して、技術論を展開しているのでしょうか???時々、えっ???・・・と思うような事があります。ふらふら・・・現在のラケットは皆さんもご存知の通り、以前のラケットとは比べ物にならないくらいに、軽量化やスピン性能のアップ、ボールホールド性能のアップが図られています。
なのに、なのに、ですよ・・・・一つ例を挙げると・・スピンサーブは頭のかなり左側にトスを上げて・・こすりあげるなどと、過去の遺物のごときアドバイスがまかり通っています・・そんなことしなくとも、現在のラケットは回転が充分かかりますよねわーい(嬉しい顔)  現に、彼の「エドバーグ選手」のように左側にトスアップしてスピンサーブを打つプロ選手などは殆んど見られなくなりましたね。。
ただ、その様に打つ選手もまだ存在しています。その選手のラケットはほぼ、間違いなく、コンセプトの古い「薄ラケット」と呼ばれる「代物」ですね〜がく〜(落胆した顔) 
「進化したラケット」には「進化した技術」が必要ですね。「進化した技術」とは、よりシンプルで無駄のないフォームのはずです。なぜなら、現在のラケットはある部分でオートマチックになりつつあります。自分のする部分が少なくなり、ラケットによる部分が増えているのが事実です。
そんな事情を無視して、無駄な動きをやるのは勿体無い限りです。

事実、女子の選手などは無理にスピンがかかりすぎる結果となり、ボールが飛ばなくなり、最新のラケットのはずなのに、スピードのない状態に陥ってしまった選手を目撃しました。もうやだ〜(悲しい顔)
かわいそうですね〜たらーっ(汗)
はたまた・・・ある選手は、ラケットの反発を殺してしまうくらいのテンションでガットをはってしまってる選手なんかもいますね〜

まぁ。。いずれにせよ・・今一度、自分のラケットと技術のバランスがあっているのか、検証する余地がありそうですねふらふら
ふらふら

posted by mori at 00:58| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

スライスが劇的に上手くなる方法!!!

スライスが劇的に上手くなる??方法

スライスが劇的に上手くなる方法が見つかりました!!!わーい(嬉しい顔)

ひらめきジュニア達に試しましたが・・・ほぼ全員が劇的に上手くなりました!!パンチ

練習の全容は「企業秘密!!!」ですので・・・ここでは書けませんが犬ほんとに劇的に上手くなりますね〜〜小学三年生のジュニアがフォアもバックもスライスを一日で打てました!!むかっ(怒り)  
晴れ詳しい事はまたレッスンであせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)
posted by mori at 11:17| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軸足の話!!!

「軸足ってどっち???」

「軸」って何だろう・・・?
日本語では「軸」??広辞苑によると、”物体が回転運動をする際に空間的に位置を変えずに回転運動の中心となる物、又は直線”となります。

ところが・・・テニスでは従来、フォアハンドの軸足は右足(右利き)と教えられてきました。がく〜(落胆した顔) ん〜果たして、そうなんでしょうか????
フォアハンドは右手が動く事で打ちますよね・・・右手は右肩についていますし、右肩は右腰の上にあります。右腰は右足のうえにありますよね〜〜右足が動かなければ、回転もスイングも出来ませんちっ(怒った顔) なのに!なのに!軸足は「右足」???

以前に「スイングは回転運動ではない!!」と言う内容で記事を書きましたが、正確には・・・「回転」を導き出すには「前後の体重移動」そして大切なのは「軸足」!!!

その「軸足」なんですが・・・現代のスイング理論はゴルフも野球も軸足は「左足」なんですよ!
(右利き)わーい(嬉しい顔)あくまで、スイングすると言う視点でのお話です。

フォアハンドのフットワークの動きの中での止まるという動作の中での軸足は従来のとおり、「右足」ですが・・・・

この辺りの詳しい事は・・・・またレッスンであせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)

posted by mori at 11:06| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業務提携の報告!!!

「NAMPI難波徹テニス」との業務提携について 

晴れ現在、REX KOBE は「NAMPI 難波徹テニスプロジェクト」と業務提携をしています。
当方、所属の選手は全て、「NAMPI」の所属名にて、大会に出場しています。テニス

私は「NAMPI」の代表の難波徹 代表とは、20年来の交流があり、奥様、娘さん、息子さん、ともに私のレッスン生でした。その様な関係性もあり、昨年来より当方と業務提携を進めてまいりました。
当方のソフトと選手育成の部分の提供と「NAMPI」のスケールメリットが手を組む事により、より良い選手育成の環境作りを目指すことが目標です。現に「NAMPI」管理の「垂水スポーツガーデン」「舞洲スポーツガーデン」の室内コートにおいて、雨天時に練習、レッスンをさせていただいています。
今後は、更なる発展を目指し、より良い環境作りと選手育成に邁進していきます。

posted by mori at 10:43| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

スイングを加速させる!!!

晴れスイングを加速させる方法exclamation×2

股関節とスイングの関連性については先述しましたが・・・
スイングを加速させるためには・・・股関節の柔軟性が必要ですね・・ん??そんなことは・・解ってる??

お相撲さんのように又割りが出来る・・なるほど・・柔軟性はあります!!!ただ・・そんな使い方は・・スイングに必要ありませんね

スイングスポーツに必要な柔軟性とは・・・股関節の外側に位置する臀部の筋群の柔軟性ですexclamation×2この部分が股関節の回転には非常に密接に関わっています。
あとは・・つま先の方向性ですねダッシュ(走り出すさま)
こんなことを先週からレッスンで徹底的にやっています!!!
そうすることで、スイングスピードがアップ次項有スピン量もアップグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)次項有ボールに勢いと安定、走りが生まれると言う図式です。パンチ
そのための股関節柔軟性ドリルがありますexclamation×2
興味のある方はコーチまで新幹線新幹線新幹線

ひらめきサーブのスイングスピードアップの方法

よく昔から、レッスンの最初にボール投げをしてから・・サーブをさせるコーチがおりましたがく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ふらふら

果たしてボール投げの真実を判ってやらしているんでしょうか???
ボール投げのメカニズムを理解して、選手に説明をしてから、させているんでしょうか???ふらふら
股関節の関連性とスナップスローの成り立ち、肩の稼働域の説明、肩甲骨周りの筋群の動かし方・・・・etc

あるレッスンを見た際にただ遠くに投げれば良いと言う感じで思いっきり、でたらめなフォームで投げている選手がほとんどでした。もうやだ〜(悲しい顔)
中にはセンスある選手が非常に良い投げ方で投げていました。
そうこうしているうちに・・・サーブ練習・・・ほとんどの選手はサーブもでたらめ・・・投げ方の良かった選手だけいいサーブ・・・
こんな光景・・・たくさんあります!

ボールは投げればいい??? いえいえ駄目なんです!!!
きちんとした投げ方をしっかりと教えないと・・・パンチ
そこでも・・・肩(肩甲骨)と股関節の関連性が非常に大切になって来るんです!!!
そこから・・導き出される答えは次項有左足着地の重要性とつま先の方向次項有股関節の稼働域、スナップスローの重要性!!
こんな感じですかねわーい(嬉しい顔)

サーブもストロークもみんな大切なのは・・・股関節と肩甲骨の関連性と運動連鎖の起こし方ですね
そこにスピン性能のアップが隠れていますがく〜(落胆した顔)


詳しい事は・・・またレッスンにて・・・パンチむかっ(怒り)ひらめき













posted by mori at 01:42| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

スピンをかけると言う事の真実!!

テニススピン〜スピン〜ダッシュ(走り出すさま)

最近、「スピン」と言う言葉をよく聞きます・・・
はたして・・・「スピン」は万能なんでしょうか???「スピン」は返球しにくいボールなんでしょうか???

確かに力(腕力)の強い、上背のある欧米人が打つ「スピン」は非常に返球しずらいのは事実です。
しかし、しかし・・・過去の海外で活躍した日本人選手で「スピン」主体で活躍した選手がいたでしょうかexclamation&questionexclamation&question

伊達公子・・・ライジング フラットドライブ
沢松奈央子・・フラット系
宮城ナナ・・・フラットドライブ
平木理化・・・フラット系
森上亜希子・・フラットドライブ
杉山愛・・・・フラットドライブ(フォアはややスピンより)
松岡修造・・・スピン系
鈴木貴男・・・スライス系 ネットプレーヤー

こんな感じで・・・スピン系は身体の大きな修造選手だけですね。
現在、活躍中の日本人選手もほとんどがフラットドライブ系の速い展開の選手ばかりですexclamation×2

それはなぜか・・・・上背の低い、腕力の乏しい日本人選手が背の高い外人選手にスピンを打ち込んでも。外人選手の胸くらいか顔くらいの高さまでしか行かずに、逆に打ち頃のボールになってしまいます。がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)
それよりも・・腰を落とすことが苦手な外人選手相手には低い軌道の速い展開のテニスをした方が勝てるはずなんですよね・・・
ただ、上記の選手たちも「スピン」を使わないかと言うと使いますね。
例えば、組み立てや逃げ球には積極的に使いますね。
まぁ・・・日本国内で同じくらいの上背の選手同士でやるなら、スピンは有効な手立てなのかも知れませんね〜〜ふらふら

基本は「フラットドライブ」でしょうexclamation×2
それにプラスして「スピン」や「スライス」を足したいですねわーい(嬉しい顔)
そんなことを基本理念にレッスンしていますパンチ
決して「スピン」を否定はしませんexclamation×2お間違いのないようにあせあせ(飛び散る汗)

そのために「下半身の使い方や日本人の特有性」なんですよね〜〜パンチ



posted by mori at 13:08| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下半身の使い方!!!

NEW下半身の使い方と回転運動ダッシュ(走り出すさま)

回転運動・・・・・これはテニスのスイングにおいては、必ず出てくるキーワードですねパンチ

私がジュニア時代・・・30年近く前の事です。当時のコーチから「頭の中心から軸線を造って、それを中心に回転運動をしてスイングにつなげなさい!」・・・ってよく言われましたあせあせ(飛び散る汗)
・・・んで、、今もそのようにアドバイスするコーチがいるのも事実です。な!なんと30年も前の技術ですよがく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)びっくりですねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
30年前とはラケットの重量も素材も進歩していますし、運動力学やバイオメカニクスなども研究されて、スイング理論も随分、変化してきていますから・・・単に「回転、回転」と云うのは絶対に間違いです。そんな中からでも、強くなる選手は確かにいます。・・・そんな選手は誰が指導しても、上手く強くなれる選手自体の能力が高いんでしょうねパンチ
それと当時同時に言われ始めていたのが「外人選手のように立ち腰で打て!!足関節はそんなに曲げなくてもよい!!」と云うものでした。
今もその様に言われるコーチがいるのも事実ですもうやだ〜(悲しい顔)
ん〜〜〜果たしてそうなんでしょうか?????
外人勢の身体の成り立ちや造りが絶対的に違いますね。
何万年も前から、狩猟民族が主体の民族と農耕民族ではそもそもの骨格から違いがありますね。現在の若者達が背が高くなり脚が長くなったと言え、絶対的に上体のボリューム骨格に違いがあります・・・そんな欧米人と同じような使い方には絶対無理があります!!
特に同年代の欧米人と絶対的な体格差のある日本人ジュニアには日本人の身体の使い方があるはずです。

そんな使い方の違いを見事に描いている欧米の絵画があります
ミレーの「落穂ひろい」のスタイルですね・・・欧米人のスタイルは膝を曲げずに「落穂ひろい」を行っている点ですね・・まさに「立ち腰!」わーい(嬉しい顔)同じ農作業は日本人は膝を曲げて、腰をしっかり落として行いますねひらめきまさに「腰を落とす!」ですねexclamation×2

もう一度、自分の体型体格を見てみてください目
欧米人のように脚が長く、上体骨格の大きな体格をしてるでしょうか???兵庫県のジュニアや日本のプロを見ても、そんな体格の選手はほんの数人ですね晴れ

使うべき身体の使い方が見えてきませんかexclamation&question





posted by mori at 12:35| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

!!!強化選手募集!!!

*小学生強化選手募集のお知らせ!!!

NEWテニス小学生低学年の強化選手募集テニスexclamation×2
2月8日からのタイムスケジュール変更に伴い、小学生低学年の強化選手を募集しますexclamation×2 

ぴかぴか(新しい)曜日  *月曜〜土曜日 毎日クラス設定
ぴかぴか(新しい)時間  *17時〜19時  基礎レッスン&マッチ練習
ぴかぴか(新しい)対象  *選手を目指す小学生低学年の選手 
        *ある程度の基本が出来る事(コーチとラリーが出来る程度)                      
        *入会には体験プライベートをお受けいただきます
        *基礎レッスンは徹底的に基本レッスンを行います
        *4年生までのまだあまり勝てていない選手を対象exclamation×2
        *5年生以上の選手は18時〜20時のクラス

     
テニスこの機会に一度体験プライベートを受けてみてください!!!今までと、ちょっと違ったレッスンを体験下さいテニス 
テニス連絡、ご質問は090−5898−9997森までexclamation×2テニス  
 
posted by mori at 16:35| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。