2008年04月14日

1軸??2軸??どっち??

人間は1軸?2軸?どっち?
今回は今月のレッスンテーマについて書いてみようと思います。

世間、巷では(テニス界ですけど・・・・)スイング理論に於いて1軸だ2軸だの何のと論じられますが・・・そんなの関係ねぇ雷
って感じでしょうかぁexclamation×2
基本、人間は2足歩行した時からは2軸運動に決まっています。
二本の足、二本の股関節ですから2軸の運動が理にかなっています!
ただ、ただ、ですよ例外もあります。がく〜(落胆した顔)
これも事実です。普通の人間の能力を超えた肉体や能力をもってすれば1軸運動も夢ではありません。例えば テニス選手で言うならば、ナダル選手や、今話題の錦織選手ですね。しかし錦織選手はバックハンドなどは素晴らしいに二軸運動主体で見事な安定感を見せています。手(チョキ)フェデラー選手やエナン選手などはフォア、バックとも二軸運動ですね。手(チョキ)
日本人はどうしても西洋至上主義論者が多勢な為、メディアや雑誌なども身体的に大きな差のある西洋選手を例に挙げ、連続写真を列挙して運動解析していますが、日本人はその様な体格にあるべきもなく、
同様の運動を習得する事は先ず、不可能ですね。
最近、復活が話題になっていますが『伊達公子』選手などは日本的体型で、ほんとうに素晴らしい二軸運動を主体にテニスを組み立てて、日本人として世界に通用する事を証明してくれました。
雑誌などで掲載されている選手などは尋常でない人間ばかりで、それを例に挙げて論じるのは・・・・・そんなの関係ねぇexclamation
って感じですね。我々現場のコーチは殆んどの選手は普通の日本人ばかりですから、日本人に合った日本人のための運動構築を先ず、目指すべきだと思う今日この頃です。
そんなこんなで、今月はその辺の日本人としての運動構築をもう一度見直そうと言う思いで『二軸運動』をテーマでレッスンしています。
『回転』にも二種類あって、当然1軸回転、2軸回転
があります。皆さんも1度は観られた事があると思いますが『フィギアスケート』です。
ジャンプして回転するダブルアクセル、やトリプルアクセルが1軸回転
グランドでするスピンなどが2軸回転です。どちらがコンスタントにミスをしないかと言うと自ずから結果は分かりますよね。
両足を着けた状態から行う2軸回転の方が確率的に良いはずです。
テニスに置き換えてもそれは同じです。2軸回転のほうが普通の運動神経の選手においては確率が高いはずです。ひらめき
そんな事からREXでは二軸運動に主体をおいた運動構築を行っています。ただ、体勢が崩れた際などは1軸運動の活用や、1.5軸運動の活用も指導しています。やはりテニスは全ての運動を活用しますが、そのなかでも主体となるのは2軸運動であるはずですから、そこを今月は重点的にレッスンします。
少し小難しいお話ですが、今日はこのあたりで・・・・・手(パー)
posted by mori at 10:45| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。