2007年12月22日

股関節を追い越す?????

ぴかぴか(新しい)股関節を追い越すテニスexclamation×2
ウインタージュニアに向けた調整とガット張りに追われ更新を放置してしまいましたもうやだ〜(悲しい顔) すいませんバッド(下向き矢印)
最近、レッスンで特に注意してアドバイスしているテーマがあります。パンチ 「インパクトを永くするテニス」「股関節をラケットが追い越すダッシュ(走り出すさま)
この2点を重点的にレッスンしています。
1「インパクトを永く取る」
 従来のようにインパクトで「ボールを面に乗せる、ボールを押すよ うにする」みたいな感覚ではなく、インパクト時の強さを利用して ボールの捕らえと回転の時間を永く取る感覚をレッスンで伝えてい ますが中々、上手く伝える事ができませんねあせあせ(飛び散る汗)がく〜(落胆した顔)
 この為には左斜め下左斜め下    
2「股関節をラケットが追い越す」が重要ファクターです!!
 スイング時に股関節の逃げがあると、ラケットは速く身体の前を
 スイングします。これを速いスイングと勘違いしている選手がいま した。股関節はある部分でロックさせないと末端部分にあるラケッ トは加速しません。運動連鎖はスピードとロックの相関関係で成り 立ち、どちらが欠けても連鎖は起こりません。連鎖の無いスイング は無駄なパワーが必要になり、それは「力み」に繋がり、ミスを誘 発することが考えられます。
 「ミス」現象には必ず原因があるはず・・・原因のない現象はあり 得ないのです。「実に面白いー(長音記号1)わーい(嬉しい顔)と彼のガリレオ先 生もテレビのドラマで言ってましたね手(チョキ)TV
「速いスイングって何?」
考えた事ありますか?そりゃーありますよねふらふらでも・・・どこが速いの????
次回はこのことに関して考察してみまーすsoonパンチ                        




posted by mori at 23:34| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。