2020年05月09日

それは・・・ビビり!?。。。イップス!?!?

 《ビビりとイップスは紙一重?!?!?!?》

イップスなどと云う言葉が世の中に広まったのはいつ頃だろう。。。。。

私の記憶が正しければ・・・・多分、プロゴルファーの中島常幸プロが表舞台から消えた頃からだと思います。。。

 

中島プロはある時を境に。。。1メーター以内のパットが入らなくなりました。。。。。

過去に何度も賞金王になった選手でも・・・・そのような状態に陥ります。。。つまりイップスです。



私の教え子の福田選手も大学2年生の秋にイップスになりました。。。負けたことのないような選手に負けたり。。。

全く打てなくなりました。。。

フォアハンドが打てない。。。ゴロやネット直撃、又は、とんでもないアウト。。。。


兵庫県ジュニア8連覇  関西ジュニア12 14 16 18と全年齢優勝  関西学生1年生で優勝。。。。。etc

凄い選手でも、、、そんな 状態に陥ってしまいました。。。


どのようにして克服したか。。。???



3週間・・・・付きっ切りで。。。治しました!!!!



その時に役立ったのが。。。聴講生で勉強した心理学です。。。。




その後は。。。見事に復活!!!何度も関西学生優勝! インカレ室内準優勝。。。。etc//


4年生最後の王座では4年間学生に不敗神話の早稲田1選手 田川選手に完勝!!!



何故。。。復活出来たか。。。。


少しヒントを申し上げると・・・・・



先ずはビビりの克服からスタートです。



ビビりの原因は末端の操作不備です。


ビビらない操作は体幹操作の習得です!!! その昔から云われる「腰を落とす!!」


  股関節  体幹  脊椎  下垂体  延髄 脊柱起立筋  肩甲骨・・・・・こんなキーワードが大切になってきます!!!!



ビビりは精神的な物!?!?!?


いえいえ。。。。脳と末端神経の連携不足。。。。つまり  進んでいけばイップス!!!!


かの中島プロもパターのフォームとパターを大きく変更で復活しました!!!


福田選手もフィードバック療法で完全復活!!!



ビビりとイップスは紙一重!!!


ただ、それだけでは無いのが。。。ビビりとイップス!!!!


要因の排除と云う。。。。一番のポイントが残っています!!!



ジュニア選手の場合は要因の第一は。。。実は親なんです。。。。。。。!!


これは。。。一番の難題かもしれません。。。。。

わたしには解決できない難題ですわ・・・・・//////////

33年コーチしてますが。。。。未だに解決出来ません。。。。////////

今の子供は核家族化で逃げ場がありませ〜ん!!! これが一番の問題かな・・・///////





訳の分からん事。。やってる・・・・一番の問題です!!


思いとは裏腹に。。。





あ・・・・お話がそれてしまいました・・・・

お話それたついでに。。。。




昔はそれぞれのクラブが頑張って頑張って、選手を育てて、年に数回の戦いの場で競い合う。。。

負けたら。。。また  反撃出来るように頑張る 工夫する!!


でも、、、、いろいろな試合や練習会で慣れて、手の内もバレバレ!!!


ある時に。。。たまに  手合わせした際に ビックリするほど 上手くなってる。。。そんな 焦らし方が楽しんだけどな・・・・///////


色々と。。。。情報の錯綜する。。。難しい世界ですな。。。。


系統立てた練習とテーマ。。。体の細部まで動きの見渡し。。。断片的な情報は当てにしない。。。

自分の目と頭で分析したプロの技術と動きを自分のレッスンにフィードバック!!!

私が受講したオリンピッククラスのトレーナーの理論!!!

私が体感した日本古来の日本人の為の動きの理論!!!


ま。。。。。私は コツコツと頑張るだけですな!!!!!




























posted by mori at 20:52| 兵庫 ☔| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。