2010年02月10日

下半身の使い方!!!

NEW下半身の使い方と回転運動ダッシュ(走り出すさま)

回転運動・・・・・これはテニスのスイングにおいては、必ず出てくるキーワードですねパンチ

私がジュニア時代・・・30年近く前の事です。当時のコーチから「頭の中心から軸線を造って、それを中心に回転運動をしてスイングにつなげなさい!」・・・ってよく言われましたあせあせ(飛び散る汗)
・・・んで、、今もそのようにアドバイスするコーチがいるのも事実です。な!なんと30年も前の技術ですよがく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)びっくりですねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
30年前とはラケットの重量も素材も進歩していますし、運動力学やバイオメカニクスなども研究されて、スイング理論も随分、変化してきていますから・・・単に「回転、回転」と云うのは絶対に間違いです。そんな中からでも、強くなる選手は確かにいます。・・・そんな選手は誰が指導しても、上手く強くなれる選手自体の能力が高いんでしょうねパンチ
それと当時同時に言われ始めていたのが「外人選手のように立ち腰で打て!!足関節はそんなに曲げなくてもよい!!」と云うものでした。
今もその様に言われるコーチがいるのも事実ですもうやだ〜(悲しい顔)
ん〜〜〜果たしてそうなんでしょうか?????
外人勢の身体の成り立ちや造りが絶対的に違いますね。
何万年も前から、狩猟民族が主体の民族と農耕民族ではそもそもの骨格から違いがありますね。現在の若者達が背が高くなり脚が長くなったと言え、絶対的に上体のボリューム骨格に違いがあります・・・そんな欧米人と同じような使い方には絶対無理があります!!
特に同年代の欧米人と絶対的な体格差のある日本人ジュニアには日本人の身体の使い方があるはずです。

そんな使い方の違いを見事に描いている欧米の絵画があります
ミレーの「落穂ひろい」のスタイルですね・・・欧米人のスタイルは膝を曲げずに「落穂ひろい」を行っている点ですね・・まさに「立ち腰!」わーい(嬉しい顔)同じ農作業は日本人は膝を曲げて、腰をしっかり落として行いますねひらめきまさに「腰を落とす!」ですねexclamation×2

もう一度、自分の体型体格を見てみてください目
欧米人のように脚が長く、上体骨格の大きな体格をしてるでしょうか???兵庫県のジュニアや日本のプロを見ても、そんな体格の選手はほんの数人ですね晴れ

使うべき身体の使い方が見えてきませんかexclamation&question





posted by mori at 12:35| REX KOBE上達のツボ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。